女性

結婚式で適度にお洒落を楽しむにはロングドレスが人気

年齢で変わる服装

ウーマン

結婚式に参加する際は、服装のマナーを守り参加することが大切です。特に女性は、ドレスのカラーや露出下限、小物まで細かく気を遣わなければなりません。しかし、女性だけでなく男性にもしっかり服装のマナーはあります。男性の基本的な服装は黒のスーツですが、最近では、スーツのマナーが年齢によって違って来る傾向が見られます。10代から30代の若い世代によく見られるのは、ダブルのブラックスーツ以外のスーツです。ダブルのブラックスーツは、全体的に真っ黒になるので暗い雰囲気になってしまうと避ける人が多いです。逆に40代を超えた男性には、中のシャツを淡いカラーにするなど工夫している人が多く見かけられます。ブラックスーツは暗い雰囲気になりがちで、華やかな結婚式には適していないように見えますが、キチンとした略礼服なのです。最近の結婚式では、スーツが派手だったりソフトスーツが見かけられます。このような服装でも参加可能ですが、派手すぎてしまうと新郎よりも目立つ可能性があるので注意しましょう。

スーツにはネクタイを一緒につけますが、ネクタイにもきちんと決まりがあるのです。基本的なネクタイの色は、光沢のある白やシルバーです。逆に、黒いネクタイは縁起が悪いとされているので、柄つきでも控えたほうが良いでしょう。着るスーツの色にもよりますが、パステルカラーやライトブルーなどのネクタイも明るいイメージで人気が高いです。結婚式には、幅広い年齢層の方が出席することが多いです。特に、年配の方にもよい印象を与えられる、柄物は避けながらネクタイ選びをすると良いでしょう。無地の明るい色で、素材の良いネクタイを重視して選ぶと探しやすくなります。ネクタイにつけるピンやカフスボタンも、目立ってしまうような派手なモチーフは避けた方が良いでしょう。ネクタイの色に合わせ、シンプルなものがベストです。