婦人

結婚式で適度にお洒落を楽しむにはロングドレスが人気

ウーマン

年齢で変わる服装

女性だけでなく、男性も服装のマナーを守ることが大切です。明るい結婚式の雰囲気を壊さないよう、スーツのネクタイなどにも気を遣いましょう。基本的に淡いパステルカラーなどが、人気が高いです。

女性

情報を得る

ドレスをレンタルすることができる業者を利用する時にはしっかりと情報を集めることが大事です。そうすることで扱っているドレスの数がたくさんある業者を利用することが可能となります。

時間帯で変える

服

過度な露出は避ける

結婚式に参加するときにはマナーを考えて服装を選ぶとうことは、日本では一般的となっていますが、時間帯によってマナーも変わってきます。特にお昼開催される結婚式の場合は、あまり露出の多い服装は避けた方が良いと言われており、できるだけ華やかなロングドレスが人気です。特に挙式や披露宴は比較的早い時間帯に行なうことが多く、若い世代のみならず新郎新婦の職場の人や親戚など幅広い年代の人が参加しています。周囲の人に不快な印象を与えない為にも、できるだけゲスト全体を考慮した服装にしておくのが良いでしょう。お昼の場合であれば、パステルカラーのロングドレスや、ノースリーブワンピースでもボレロや羽織を利用したタイプが良いといえます。

夜は華やかをプラス

結婚式の服装マナーも、夜の二次会になるとかなり自由になると言われています。特に二次会の場合はバーでダイニングカフェなどで行なうカップルが多くなってきていることもあり、カジュアルな雰囲気の会場がほとんどです。ノースリーブワンピースや少し短めのスカートでも特に問題は無いので、昼とは違った印象で楽しんでみるのも良いでしょう。夜の場合、ブラックやネイビーなどの暗めな服装になるのであればアクセサリーやバッグで華やかさをプラスするのがポイントです。夜になると周りの雰囲気も暗くなってしまうので、ビジューを多くあしらったネックレスや、光沢感のあるクラッチバッグ、派手なピアスなどを利用して服装にアクセントを加えるのも1つの楽しみ方です。

女の人

種類が豊富

ネットから利用が出来るドレスのレンタルサービスでは種類を豊富に揃えているので、好みに合っているものを見つけられることが出来ます。カラーやデザインをチェックしてみて、自分に似合いそうなものに絞り込んでみましょう。